鉄拳精裁NGマン

自身のタイトルはNGマン。性義の死者です。常日頃から嘘つき、いや、悪女を監視し、未然に罪を防ぐのが自身の狙いです。
そして今夜も悪女が独力。元主人のマンションに無断で忍び込み、寝ている主人を前に手に持った包丁を振り卸そうとやる。
「(良し良し。阿呆箇所見せながら就寝してる。脳みそスッカラカンのゴミクソ野郎のくせによくも自分をフってくれたわね。自分の愚かさを悔やみながら死になさい)」
いかん。このままでは誤りも薄い青年が……!
「間隔停車!NGマン参上!悪女居残る所にNGマンあり!」
するとおかあさんの演技が残る。そんなふうに、自身には起こる特殊な器量があり、間隔を押さえつける事が出来るのだ。
勿論、自身は停止した世界で演技回れるので、やりたい放題する事が見込める。
「股間のボルテージは頂上!出向くぞ!ルールの強打!レッドリボルバー99!」
自身は巨大勃起ペニ○を取り出し、おかあさんの股に擦り塗る。そしてたわわに実った胸を揉みつつ、アソコへ挿入して出向く。間隔があるとはいえ、これは……名器!?
そう、おかあさんのアソコの締めつけはすさまじく、自身は一気にもイってしまいそうな感受性をどうにか持ちこたえ、必死に腰を振る……!
書物作品は旦那モード作品で、ヤンデレ美少女を犯しめくるアナウンス。
書物作品のグループは……ヒーローモノ?間隔停車モノ?間隔を停止させる機能を有するマッチョ・ストップマンがヤンデレを犯すアナウンス。
キャラクターは独力しかいませんが、巨乳で感覚も良く、それでいて美少女。間隔が停止しているので、彼氏の対応を見れないポイントもありますが、彼氏が起きて、素晴らしいぇ、動いてるらエッチするポイントもあるので興味深いですね。
何て言うか、凄い中心なパターンの作品なんですが、最も図表が良く、それでいておかあさんのボディがエロいので、とことんヌけちゃうんですうよねぇ。いまいち頑丈中心なエッチではないですし、見ていてすかっと始める?
ムキムキマッチョの先任タイツ夫のNGマンも、スゴイお洒落ですし(笑)
チン○挿しつつ、間隔停車解除するNGマン。憂慮しつつも見紛うおかあさん。いいですねぇ。読めば名作な所以がうなづけるハズ!
書物作品は費用が安く、全編全力色あい。特長満載の小物ですよ!DMMで配布内輪!どこでも読める領域の良さは魅力的ですね!
善悪一度、見本を読んでみてください!後悔しないデキだ!
新潟県の興信所